大阪府の保健医療計画(平成25年度から平成29年度)の
第3章三節の1では「がん」について述べられています。その取り組みは以下の通りとされています。

【取り組み】

○がん予防の推進

・市町村や関係団体と連携した、公共施設等における受動喫煙防止、喫煙者に対する禁煙支援、生活習慣改善等の事業を推進する。

○がんの早期発見

・検診結果の的確な判定のため、国の推奨するがん検診の推進と精度管理の均てん化等、医療機関におけるがん検診実施体制の確保を行う。

・がん検診の重要性を効果的に伝えるための普及啓発活動を実施する。

・保健所、医療機関等における肝炎ウイルス検査事業の実施および、診療が必要と判断されたものに対する肝炎フォローアップを実施する。

 ○がん医療の充実

・がん診療連携拠点病院を整備し、地域におけるがん医療の水準向上をはかる。

・がん診療拠点病院を中心とした医療機関の連携・協力体制の整備をはかる。

・地域の実情に応じた地域連携クリティカルパスの普及をはかる。

・がん患者や患者家族に対する、緩和ケアや相談支援体制等の充実により、すべてのがん患者およびその家族の苦痛の軽減をはかる。